« 新規問い合わせ | トップページ | 舞鶴と豊府の違い(豊府高校もがんばれ!) »

2010年4月10日 (土)

高校数学

 高校生の運営をしてると、他の県と違い大分県の高校生は学校の宿題(高校生は課題と呼ぶ)が多いため、授業よりも学校の宿題を教えてくれ、特に数学の宿題を教えて欲しい、という要望が圧倒的に多いことに気が付きます。それが、塾への要望として強い。

 高校では「英語を頑張るぞ!」と意気込んで入学しても、進学校なら理系願望が多いため学校側も数学に力が入り、英語中心の勉強をしたかった生徒はいつしか数学中心の高校生活となってしまう。国立の上位校に入りたかったら当然なのでしょうが。

 吉田ゼミでも生徒の要望に応える形で、いつでも高校生の数学の質問を受け入れられる態勢にはしたいと思っています(高校で英語を中心にした高校生活を、と考えている中3は西高(大部分は文系)がいいと思う。舞鶴、豊府などよりも数学の進度も緩やかだし、実際女の子で180点ぐらい取れる子でもその現実を知っていて舞鶴や豊府を受けずに西高に行く塾生が今まで結構いました。)。

 吉田

 

« 新規問い合わせ | トップページ | 舞鶴と豊府の違い(豊府高校もがんばれ!) »