« 心理テスト大分(その2) | トップページ | 英会話学校破産 »

2010年4月21日 (水)

ジオス破産

英会話大手ジオス、破産申請=負債75億円

4月21日11時38分配信 時事通信

 英会話学校大手のジオスは21日、東京地裁に20日、破産申請したと発表した。負債総額は約75億円。 
大分にはパルコ校もまだあったのかな?英会話学校って金がメチャクチャ高いから、今後連鎖反応で破産していくと思う。英語だけを教える、というのはおかしな発想だと思う。新渡戸稲造は「武士道」を、岡倉天心は「茶の本」を英語で書いた。彼らは英語が専門ではないんです。本当の知識人というのは、他の専門分野を持っていてそして英語や他の外国語も使えるんです。英語だけやってればいい、という発想がナンセンス。  吉田
英会話学校ジオス(本社・東京)が破産手続きの開始を申請した。各地の教室は21日、一斉に臨時休校し、閉校・休校を知らせる張り紙が一斉に張られた。教室を訪れた生徒からは「何も知らされていなかった」「振り込んだお金はどうなるのか」と不安の声が相次いだ。

 大阪・梅田校。レッスンを受けに来た大阪市都島区の主婦(54)は、張り紙を見て混乱した表情を浮かべた。昨年6月、今年1年分の受講料約14万円を払った。「先週も普段通りにレッスンがあった。10年間も通ったのに、何の連絡もなく(経営破綻(はたん)した)NOVAのようになるなんて、信じられない」と話した。

« 心理テスト大分(その2) | トップページ | 英会話学校破産 »