« ムッちゃん平和像 | トップページ | 携帯電話について(特に中学生のお父さん・お母さんへ) »

2010年4月10日 (土)

大分県公立高校入学式

目標に向け努力誓う 公立高で入学式

[2010年04月09日 14:47]

新入生を代表して誓いの言葉を述べる後藤早由紀さん=9日午前、大分市の大分商業高校

 県内のほとんどの公立高校で9日、入学式があった。新入生は新しい制服に身を包み、高校生活への期待を胸に式に臨んだ。
 大分市の大分商業高校では、商業、国際経済、情報処理の3学科に計319人が入学した。
 徳永一秀校長が「大きな志を持ち、出会いを大切にして、常に感謝の気持ちを忘れないでほしい。高校時代は夢探し、自分探しの場。多くのスキルを身に付けて自分の可能性を大きく膨らませてほしい」と式辞。
 在校生を代表して生徒会長の細野由弥子さん(17)=商業科3年=が「大商に来てよかったと思えるような毎日を送ってください」と歓迎の言葉。新入生代表の後藤早由紀さん(15)=情報処理科=が「目標に向かって日々努力することを誓います」と宣誓した。
 県内の公立高校では、12日までに全校で入学式がある。本年度から公立高は授業料が無償化された。

« ムッちゃん平和像 | トップページ | 携帯電話について(特に中学生のお父さん・お母さんへ) »