« 大分市・始業式 | トップページ | 大分西中学吹奏楽 »

2010年4月 8日 (木)

大分舞鶴理数科SSH

大分舞鶴高校 再び「スーパー科学高」に

[2010年04月08日 10:45]

 文部科学省は7日、大分市の大分舞鶴高校(小野二生校長)を、理数教育を重点的に行う「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」に指定した。指定期間は2014年度までの5年間。同校は05~09年度も県内唯一のSSHとして活動しており、地元大学と連携して課題研究に取り組んだり、海外の高校と交流するなどの取り組みが評価され、再び指定を受けた。
 今回は、地域の拠点校としての役割を担う「コアSSH」(3年間)にも指定された。県内の進学校と一緒に近く「大分スーパーサイエンスコンソーシアム」を設立する考えで、理数教育に対する生徒の興味、関心を高める取り組みを県内全体で進め、指導者の育成にも力を入れる。
 同校は「『大分県からノーベル賞科学者を』を合言葉に、高い志を持った科学系の人材を育てたい」と話している。
 文科省によると、本年度は全国で36校がSSHに指定され、継続校と合わせると計125校となった。

« 大分市・始業式 | トップページ | 大分西中学吹奏楽 »