« 大分の高校退学について | トップページ | OITA輸入車試乗会 »

2010年11月22日 (月)

第9回アイデアロボットコンテスト

 県中学生創造ものづくり教育フェア「第9回アイデアロボットコンテスト」(大分合同新聞共催)が21日、大分市の王子中学であった。最も優れたロボットに贈られるロボコン大賞に別府市北部「TEAM北部」(松田伸也君、宮尾晃弘君=ともに2年)が輝いた。
 授業時間に製作したロボットによる授業内部門と、課外学習も応用した応用部門の2部門があり、県内5校の計26チームが熱戦を繰り広げた。
 授業内部門は
滝尾「〓(B0F6)I」(足立貴志君、足立光音さん、安藤史崇君、石崎賢弥君=ともに3年)が優勝した。
 応用部門を制してロボコン大賞を受賞した別府市北部の松田君と宮尾君は「うれしい。応援してくれた先生、保護者、友人に感謝している。九州大会に向けて改良と練習を重ねていきたい」と話した。
 各部の上位4チームが県代表として12月11、12日に沖縄市で開かれる九州大会に出場する。
 そのほかの上位入賞チームは次の通り。
 【授業内部門】(2)滝尾「KABOSU4」(3)滝尾「ISSEI」、王子「インド館C」▽敢闘賞 王子「友情・努力・勝利team」▽アイデア賞 直入「Hot spring Nagayu」【応用部門】(2)三重「パックマン」(3)三重「アクセルトライアル」、直入「Spirit of Naoiri」▽敢闘賞 三重「アクセルトライアル」▽直入「Spirit of Naoiri」

« 大分の高校退学について | トップページ | OITA輸入車試乗会 »