« 吉田ゼミ小学部 | トップページ | 問い合わせが多い »

2010年11月16日 (火)

民主党の経済政策の失敗⇒大分県では職がない

2010111311150001

 大分大学を出ても職がない時代。すべて民主党の経済政策の失敗なんです。画像の民主党の男たちが無能だから、こういう不景気が長期化するんです。

    私は怒りを覚えます。

 若者たちに職がないのは、政治の責任です。下の画像は11月13日(土)の大分合同新聞の朝刊です。

 「大分県の就職内定率が過去最低に!」

 大分の若者は、もっと怒れ!そして勉強もしろ!

別府大学の学生は、遊んでばかりいるが。

2010111311150000

 質問)みなさんの年収は減ってないですか?

減っていたら、民主党の経済政策の失敗によるものです。

もうすぐ子どもたちが払わなければならない借金が

         1000兆円になります。

  そして、いま民主党の経済政策の失敗で日本の景気悪化が長期化しています。

 本来、経済政策とは供給側に重点を置かないといけないのに、民主党は素人集団だから需要側(子ども手当てなど)に力点を置いている。有効需要なんて、もう古くさい学問だよ。そして、いまだに財政政策をやろうとする。どうして供給側が重要かといえば、例えばメーカーが設備投資をして素晴らしい製品を作ってくれれば借金をしてでも、あなたは買い物をするだろう。でも魅力ない商品なら金を持ってても買わないよね?また、需要側に金を渡すと、働かなくなってしまう。

 また経済は外交と密接に結びついていて日本はもう日米同盟しか生き残る道はないのだと思う。普天間で問題を起こしたからこそ尖閣で敗北外交をせざるをえなくなったし、中国との貿易も今後危うくなった。安保がしっかりしていれば安心して経済活動ができるんです。

 政治というのは結果の学問です。つまり結果。結果が大事。結果が悪いから民主党は下野させるべきなんです。

 完全に政治の失敗のための景気悪化だと思う。もう自分のことは自分で守るしかない。

  明日に備えて、あなたは勉強していますか?技術を磨いていますか?

 私は、1人になっても生き抜くように毎日勉強しています。

« 吉田ゼミ小学部 | トップページ | 問い合わせが多い »