« 大分のキムタク | トップページ | 大分 小学生の塾 »

2010年11月12日 (金)

日本のヒーロー誕生

2010111216100000

( 画像をクリックすれば拡大します。私の字です。)

海上保安官は、日本人の代表として日本の領土の最前線で、命を懸けて中国漁船を捕まえたんです。場所は海だから死んでもおかしくない場所です。日本の公務員の誇りです。それを平気で民主党は、中国人船長をわざと逃がした。

  中国人なら・・・衝突してきても無罪

  日本人なら・・・逮捕して厳しく取り締まる

これを日本の政権がやっていいのか?

 国民のほとんどが「ビデオを公開しろ!」と言ってるのに、これが罪になるのだろうか?

そして辞めるべきは海上保安庁長官ではなく、(思想の背景が左翼の)菅直人とSENGOKUではないだろうか?

 法律論から言えば、これは守秘義務は薄いと思います。国会議員もこのビデオを見たんだし、そもそも民主党政権が「無罪釈放」を政治的に決めたんだから、公判維持の証拠でもなんでもなく、公務員によるこの衝突ビデオの守秘義務は無いに等しいと私は考えます。

   彼ら海上保安官の命懸けの行動に

           敬意を表します。

              吉田ゼミ社長:吉田

民主党の経済政策の失敗により景気が悪化していて、大分では多くの職が奪われています。わたしは怒りを覚えます。はっきり言って、もう民主党じゃダメだな。

« 大分のキムタク | トップページ | 大分 小学生の塾 »