« 中3社会:被疑者と容疑者 | トップページ | 附属小学校3年「たしかめ」 »

2010年12月 2日 (木)

全国少年フェンシング大会

第23回全国少年フェンシング大会で優勝した別府市内の小学生3選手(ジュニアフェンシングOITA所属)が、別府市役所で成績を報告した。
 報告したのは、個人戦小3・4年の部(7月・東京都)優勝の上野優佳さん(8)=青山小3年=と、同フルーレ団体戦小4・5・6年の部(10月・京都府)優勝の上野優斗君(11)=同5年、荒金泰成君(11)=朝日小5年。優斗君と荒金君、中村太郎君(10)=大分大付属小4年=は世界大会(来年3月・ドイツ)に日本代表として出場する。
 浜田博市長が「別府の誇りです」と祝福。小1からフェンシングを始めた優佳さんは「苦しい試合が続いたけれど、年上の4年生がいる部で優勝できてうれしい」、優斗君と荒金君は「目標は世界一。将来はオリンピック選手になりたい」と話した。上野きょうだいの父親で監督の上野正昭さん(44)は「体の大きい海外の選手にどれだけ通用するか、楽しみです」と話した。

« 中3社会:被疑者と容疑者 | トップページ | 附属小学校3年「たしかめ」 »