« 4月からの新年度時間割 | トップページ | 大分県の高校生を募集 »

2012年3月21日 (水)

吉田ゼミと大手塾との違い

大手塾と吉田ゼミの違いは、

①小学生も中学生も高校生も、いつでも質問ができる

  それが吉田ゼミです。学校でわからないところを教えてあげる、それが塾なんです。大手塾の高校部教師はヨソから呼んでるから質問できない場合が多い。

 要は、授業だけじゃダメなんだよね、塾って。自習もできて質問もできて。そういう塾が吉田ゼミです。極端に言えば、自習ができる環境を作ってあげるだけでも塾の役割はあると思う。生徒は家で勉強しないんだから。

 大手塾は平均して2年で教師は辞めます。でも吉田ゼミには吉田がいつもいる(笑)) 

②兄弟姉妹で通えば大分県で1番安い塾です

 それが吉田ゼミ。月謝が安いと見せかけて夏期講習や冬期講習で10万円近く請求する塾が大分県には結構ある。「○○講習が無料!」という塾は、私なら避けます。あとがコワいから。

③県図書やコンパルの自習机よりはるかにデカい机

 それが吉田ゼミ!自習ができなきゃ塾じゃない!

④400万円かけて参考書類を買いそろえました

 「吉田ゼミには何でもある」と生徒たちは言います。

⑤吉田ゼミには加湿空気清浄機が

 プラズマクラスター(シャープ)・・・45000円が1台

 ナノイー(パナソニック)・・・45000円が2台

     そして

 パワフルスチームモップ・・・10000円

 スイブルスイーパー・・・10000円が2台

 ルンバ・・・80000円

            あります。

吉田ゼミの塾内の空気は大分の塾で1番きれいです。

 大分の一部の大手塾ではインフルエンザの集団感染があった、という話を毎年聞きます。

 吉田ゼミでインフルエンザの集団感染なんて、絶対にありえない! 2009090522000000           2009090522010000 2009111112160001_22009090522300000         

« 4月からの新年度時間割 | トップページ | 大分県の高校生を募集 »