« パラオでさえ中国人を射殺 | トップページ | 吉田ゼミ9月の予定 »

2012年9月26日 (水)

日本の領土問題

☆竹島(島根県)・・・

☆尖閣諸島・・日本の海上保安庁の警告を無視したなら、魚釣島に強硬に上陸しようとする中国人はみな射殺するべきだ思う。それが世界の常識です。日本はナメられてる。たとえば警告を無視して領空侵犯してきた飛行機は世界では必ず撃墜されます。それが世界の常識です。国を守るというのは、そういうものです。日本人は「世界は平和だ」とバカな勘違いをしてる人が多いが、歴史を見たらすぐわかるよ。クリントン国務長官は「尖閣は日米安保の適用範囲だ」と明言しているので、尖閣においていざとなればいつでも・・・(想像におまかせ)。

☆北方領土・・・太陽暦で

・1855年2月7日(今この日は北方領土の日です)

  日露和親条約(択捉島以南を日本領、得撫島以北をロシア領へ。樺太は国境を定めず両国の雑居地とする。)

・1875年 樺太・千島交換条約(全権:榎本武揚)

  ロシアの南樺太進出が強くなり日本は北海道開拓に力を注ぐため樺太はすべてロシアへ、千島列島はすべて日本へ

・1905年 ポーツマス条約

  北緯50°以南の樺太を日本へ割譲

・1925年 日ソ基本条約(全権:芳沢謙吉)

  (日本)北樺太からの撤退

  (ソ連)北樺太の油田開発権の日本への付与

・1945年2月 ヤルタ(秘密)協定

 米ソが密約で、ソ連の樺太・千島全土を占領を承認

・1945年8月 ソ連軍が樺太・千島の全土を占領

・1951年 サンフランシスコ平和条約

   日本は樺太と千島を放棄

    ただしソ連はこの条約に調印せず

・1956年 日ソ共同宣言(→日本は国際連合加盟)

      鳩山一郎VSブルガーニン

 日ソ平和条約締結後に歯舞群島・色丹島の返還

・1997年 橋本・エリツィン会談

  20世紀中の平和条約締結で合意

          (しかし実らず・・・)

そして現在、日本政府は

・北方領土(四島)は日本固有の領土である。つまり戦争によって得た領土ではない。

・北緯50°以南の樺太はどこの国の領土でもない

  と主張しています。

随時書き込みをします。学校の先生は教えてくれないだろうから。

« パラオでさえ中国人を射殺 | トップページ | 吉田ゼミ9月の予定 »