« 卒塾生たちへ | トップページ | 高校数学(微分・積分) »

2013年5月 9日 (木)

大分県教職員組合の広告って、おかしくない?

2013050816590002

 みなさん、よく読んでください。昨日の大分合同新聞に掲載されていた広告です。さすが日教組は朝日新聞と同じ主張をしているなあ、と思いませんか?

 「従軍慰安婦」というものは朝日新聞が作った造語であり、「従軍慰安婦」というのは実際には存在しなかったのに、「金出せ、金出せ」という韓国の外交戦略に乗って、「日本は悪い国だ。韓国に行って謝罪をしてこよう」ツアーでも組もうというのか?そういう意図にしか思えない。

 1965年の日韓基本条約で有償・無償5億ドルを日本が供与し、韓国側は請求権が消滅し、「あのお金のおかげで韓国は経済発展ができた」とのちの韓国の首相は来日したときに読売新聞の取材に応えていました。そしてありもしない問題を持ち出して、日本からさらに金を取ろうという韓国の外交戦略に、大分県の教職員組合は乗ろうとしたいのか?

 日教組というのは、どこの国の人間なのか?それほどまでに、日教組は反日活動をしたいのか?

  この広告は今後、問題になると思う。

日本人なのに、韓国の歴史博物館だけを見学して、日本の靖国神社になぜ訪問しないのか?疑問に思う。この広告を見て、おかしいと思ったのは私だけではないと思う。これが学校の教師のやることなのか?

  (私の意見に賛同してくれる方々へ)

上記広告の存在を全国に拡散してもらえませんか?5月8日(水曜)の大分合同新聞に掲載されてある広告です。こういう教育って、絶対におかしいと思う。

« 卒塾生たちへ | トップページ | 高校数学(微分・積分) »