« 8月の予定 | トップページ | 図書カードを買ってきました »

2013年9月 1日 (日)

「ももクロ」に見る日本人の美学

http://youtu.be/wOlgUtvIMuw

ももクロが紅白に初出場するよりも1年も前の映像です。

 この日は女性のファンだけのためのイベントでしたが、モモカちゃん(1番小さい子)が体調が悪く、いつもの声が出ないということで

0:52…リーダーのカナコちゃんが体調の悪いモモカちゃんの方をチラッと見る。

0:53…カナコちゃんがモモカちゃんのソロをカバーしてあげる。その姿をシオリンが見て一緒に歌いだし、アーリンも歌い、レ二ちゃんも歌いだす。本来ここはモモカちゃんのソロパートなんです。

1:00…モモカちゃんが涙ぐむ

1:58…モモカちゃんのソロパートをみんなで歌う

3:28…「ありがとう」とカナコちゃんが言う。その直前に3人が「ケチャ(感情を表現したり、感謝の意を表す踊り)」をカナコちゃんに対して踊ってくれたため。なお、ここでの振り付けに元々、ケチャは入っていない。それを即席でやってる。

http://youtu.be/SRkvdfZ6Qtk

 実は、「コノウタ」はアンコールの最後の曲つまりコンサート最後の曲だったんですが、この映像をクリックしてみてください。このコンサートでは終始、モモカちゃんを気遣っているカナコちゃんの姿がよくわかります。2:27のところで、わざと前転1回を3回にしています。体調の悪いモモカちゃんを飛び越える演技を取りやめるためです。この「メンバー思いのカナコちゃん」に対する感謝の気持ちが、ケチャなんです。

 みなさんは仲間を助けていますか?仲間に「ありがとう」ときちんと言っていますか?これこそ、われわれ日本人が忘れかけていた日本人の心の美しさだと思いませんか?それを10代の幼い女の子たちが自然とやってるところに、この映像の素晴らしさがあります。

 この様子を「キング・オブ・コメディ」のパーケン高橋さんはこう語っています

http://youtu.be/0JqoyXx9iZc

 昼は握手会で男のファン相手にニコニコ笑ってるくせして夜はイケメンと遊んでいるAKBとは大違い。「ももクロ」の5人って、本当に心がきれいだと思う。

http://youtu.be/9zp_yFxv4rg

健気(けなげ)な日本人の姿が見えます。

« 8月の予定 | トップページ | 図書カードを買ってきました »