« 向陽中学3年のために | トップページ | 上野丘高校の推薦 »

2014年1月21日 (火)

大分市の高校ランキング2014

 [250点満点で、あくまでも私の判断です。お許しを。なお、すべてはその年の倍率によって左右されます。]

東明高校特奨:205点ぐらい

 上野丘高校に合格した生徒の2人に1人は、この特奨に合格しています。ただし特奨に合格しても大分大学にも合格できない生徒もいる。つまり、中学の勉強と高校の勉強は違うということです。170点ぐらいの舞鶴合格者が九州大学に合格した例があるぐらいだから、中学と高校はまったく別次元のレベルです。

上野丘高校:180点ぐらい

上野丘はかなりレベルが下がっていると思う。いまは190点取れる生徒は舞鶴を受ける傾向があり、180点ぐらいの生徒が無理して上野丘を受けています。上野丘は勉強についていけず、登校拒否や退学が結構いる、というウワサが中学生に広がっているから。

大分高専:180点ぐらい

  だいたい舞鶴か豊府か西を受ける子たちが第1志望で受けます。合格すればオリエンテーション(入学説明会)を公立高校入試日にぶつけられるので県立は受けられません。5年制だから大学3年からの編入をする人が多い。意外と楽に九州大学に行けます。

舞鶴高校:175点ぐらい

 190点ぐらいの大分市の中学生は上野丘に行かず、舞鶴へ行くのがトレンドになっています。その証拠に、上野丘のレベルは下がっていて、上野丘の下から50人~100人ぐらいは大分大学にも合格できないレベルにまでなっているはず。それぐらい上野丘はレベルが下がっている。

東明高校(お金を払う)特進:160点ぐらい

西高、豊府高校:150点ぐらい

 来年の西高は難化するかも。今年が簡単すぎた。豊府高校は、豊府中学を作って以来、人気がなくなったと思う。

雄城台高校:145点ぐらい

 毎年、倍率が1.5倍ぐらいある人気校。

情報科学(情報管理、情報経営):135点ぐらい

 この2つの学科は、毎年1.5倍あるから合格するのは結構厳しい。

大分工業(電子)、大分商業(情報処理、商業):130点ぐらい

鶴崎高校、大分工業(電気、機械、建築):125点ぐらい

鶴崎工業(電気)、大分工業(土木):120点ぐらい

鶴崎工業(機械):115点ぐらい

大分工業(工業化学)、鶴崎工業(産業デザイン、建築):110点ぐらい

東明高校準特、大分南、鶴崎工業(工業化学):105点ぐらい

大分商業(国際経済):100点ぐらい

 大商にどうしても行きたかったら、この国際経済がいいと思う。商業科とそれほど授業は変わらない。

情報科学(情報電子)、大分東、南(福祉):80点ぐらい

 「公立はムリ」と言われたならば、情報電子がおススメです。私の経験上、実力テストで60点の生徒でも受かる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

塾生から聞きましたが、

      大分市以外の在住の中3生で

  ・上野丘高校

  ・大分西高校

  ・舞鶴高校

を受験する中3生の多くは、吉田ゼミのブログを見ているそうです。

  そして受験の参考にしているそうです。

(上野丘高校○年の学年1位の生徒も、中3のときに見てたそうです。それだけこのブログは影響力が大きいということかありがたいことだ

 上野丘高校の学年長の先生も、見てくれています。

« 向陽中学3年のために | トップページ | 上野丘高校の推薦 »