« 2014年度 時間割 | トップページ | 北九州予備校(大分市)の裁判に思うこと »

2014年4月16日 (水)

大分市の学校の特徴

塾生にアンケートをしました。その結果です。

Q.あなたの学校の長所・短所を教えてください。

☆上野丘高校

 ・意外と校則がゆるい

 ・元々の知り合いが多い(附属・西・上野ヶ丘、明野が多い)

 ・みんな頭がいいから、わからないところをすぐ教えてくれる

 ・持久走で歩いても何も言われない

 ・ヤンキーはいない

 ・みんなクソまじめかと思いきや、そうじゃない人もちゃんといる(笑)

 ・授業についていけさえすればそれなりの学力がつく

 ・客観的に頭がいいと言われているところ

 ・他校と比べて規則が緩いところ

 ・授業が速い

 ・国立理系だけ重視

 ・課題が難しくまた多い

 ・部活はテキトーで練習日も少なくまた練習時間も短い

 ・嫌いな先生(性格が悪い)が多い

 ・校舎は古く汚い

 ・ちょっと変わった人(いい意味で個性的)が多い

 ・学校が嫌いになる

 ・快適な高校生活が送れな

 ・高校生なのにスカートが長い(笑)

 ・持久走は、9割5分が坂

 ・勉強の速度(特に数学)が異常

 ・先生たちのしゃべりのスピードが異常

 ・課題が多いし難しい

 ・何があろうと土曜講座は1、3、5週目に絶対ある

 ・休みが長い!でも課題は多い

☆舞鶴高校

 ・成績が悪い人を見放さない(その代わり先生が怖い)

 ・みんな仲良くなれる

 ・スポーツが強い(表彰伝達式で30分くらいかかるのは当たり前)

 ・課題がかなりある

 ・休みが少ない

 ・クラスマッチでカヌーに乗れる

 ・購買のパンがおいしい

 ・SSHなので実験が多い

 ・有名な人が講演に来る

 ・数学オリンピックに無料で参加できる

 ・小テストが多い

☆大分西高校

 ・大分県の女子には圧倒的1番人気の高校

 ・夢ナビがある

 ・交通の便がいい

 ・部活動が盛ん

 ・大講義室・アゴラなどきれいな設備がある

 ・購買の食べ物がおいしい

 ・自動販売機がいっぱいある

 ・夢ナビがある分、他の高校に比べ勉強時間が減る

 ・校長先生の話が長い

 ・元女子高のせいかプールのとき男子だけ更衣室がプール横になくて体育館の更衣室で着替える

 ・平日課題がそんなに多くない

 ・英語と国語は、予習をしてきて授業で一緒に解いて解説する授業スタイル

 ・土曜セミナーで模試対策のような勉強をする

☆鶴崎高校

 ・勉強をしなくてもいい

 ・部活動が盛ん

☆東明高校特進

 ・宿題が少ないところ

 ・いろんな人が集まるので楽しい

 ・数学のおもしろい先生がいる

 ・入試休みがあって3学期は休みが多い

 ・プールの授業がない

 ・授業が多い(9限まであったところもあったらしい)

 ・特進は校舎が古い

 ・売店のジュースがおいしい

 ・平松学園が怪しい

☆大分高校特進

 ・アットホーム的な感じなところ

 ・数学はわかりやすい

 ・物理の先生がおじいちゃんで、鳥の話をしだす

☆臼杵高校

 ・大分市の人と比べると臼杵はおだやかな人が多い

 ・行事があるたびにショートコントをやる忍者部という野球部のおもしろい人の中から選ばれた4人組(5人組?)がいる

 ・学校が駅にめちゃくちゃ近い

 ・男子テニス部と箏曲部が強い

 ・若い先生が多い

 ・校舎がきれい

 ・グラウンドとテニスコートにナイター設備がある

 ・臼高祭がめちゃくちゃ盛り上がる

 ・行事があるたびに出てくる臼高のももクロがいる。女子だけど結構豪快に踊るのでおもしろい。

☆岩田高校

 ・中3から高校の内容に入るので、高2で高3までの勉強内容が終わる

 ・学園祭が1週間ある

 ・修学旅行はオーストラリアにホームステイ(移動も含めて10日間)

 ・中1から高3までいるので先輩や後輩と仲良くなりやすく同級生との絆が深まります

 ・校則があまりない

 ・指原莉乃がPVの撮影で来た

雄城台高校

 ・坂がある

☆大分大学附属中学

 ・学校がキレイ&広い

 ・冷暖房完備

 ・バスケ部,合唱部が強い

 ・仲がいい

 ・自転車通学あり

 ・修学旅行が年によって行き先が変わる

 ・挨拶がいい

 ・冷暖房完備で校舎もきれい

 ・基本、進学先は上野丘高校

 ・附属小学校からの人たちも成績の良い人から悪い人までいる

 ・学年によってテキストの難易度が違ったりする

 ・行事は楽しい

 ・部活も充実している

 ・毎日、お弁当

 ・勉強内容が難しい

 ・宿題が多い

 ・先生が厳しい

 ・登校が7時50分と、早い

 ・朝自習がある

 ・挙げたらキリがない

☆向陽中学

 ・先輩、後輩の上下関係が強い

 ・1学年の人数が少ないので、とても仲が良い

 ・文化にふれることができる

 ・全校生徒が少ない分、全校で行うことが多いので先輩後輩の仲が良くなる(百人一首大会や球技大会など)

 ・先生が高校や大学のことを教えてくれる

 ・珍しい行事がある(乗馬合宿や語学研修など)

 ・英検・漢検・数検などが無料で取得できる

 ・サポート補習がある(英、数、苦手単元を教えてくれる)

 ・1年から進路指導がある

 ・人数が少ないので生徒同士の仲が悪くなると大変

 ・わかりづらい授業の先生もいる

 ・宿題・小テストが多い

 ・部活との両立は大変

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、吉田ゼミの塾生の意見でした。みなさん、受験の参考にしてくださいね。なお、失礼な表現があったらすみません

« 2014年度 時間割 | トップページ | 北九州予備校(大分市)の裁判に思うこと »