« 2018年大阪大学の数学解説(数3) | トップページ | 登録者数1030人です »

2018年6月 2日 (土)

ラ・ラ・ランド

https://youtu.be/YN1QrKBoAf0

upwardright冒頭のFREEWAYのRAMPでのANOTHER DAY OF SUN(本物の映画)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

https://youtu.be/H_Ag8JPsRRk

upwardright大阪桐蔭吹奏楽部のミュージカルを見てきました。躍動感があってとてもよかった。お金を払ってでもまた見たいと思いました(この日は無料で見ることができましたが)。最初に出てくるエマ・ストーン役(黄色のドレス)の生徒さん(普段はトランペットを吹いてるのかな?)は美人さんでしたhappy01足も長く体も細いし歌もうまいし、将来は女優さんにでもなればいいのに、と思いました。どうしても、この生徒さんを中心に見てしまいますが・・・(笑)

https://youtu.be/pGYutNpkXtg

upwardright他人の動画をお借りして貼り付けましたが、エマ・ストーン役の女子生徒(黄色のドレス)が歌うsomeone in the crowdは歌声が綺麗でした。6:20あたりでのソロの部分の歌詞はこうです。

Is someone in the crowd the only thing you really see?Watching while the world keeps spinning round.Somewhere there is a place where I find who I'm gonna be.A somewhere that's just waiting to be found.

とても発音もきれいでしたよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 さて、この映画についてですが、やっぱり見どころは冒頭のFREEWAY RAMPのシーンでしょう。

under 1 million dollar movieと初期予算が決まっていたが、このFREEWAYのシーンだけは、やると決めていたそうです。最初の5分で、これがミュージカル映画だとわからせたかったと監督が述べています。FREEWAYを3日間(リハ1日、撮影2日)借り切って映画撮影をするなんて、ミュージカル映画だからできるんでしょう。夢を持った人たちがLAのFREEWAYで歌う、というすばらしい冒頭のシーンです。タイトルのLA LA とはLOS ANGELESのこと。気温38度の中を撮影したなんてすごい。

 この冒頭のシーンがあまりにも印象的だったので、他のシーンはあまり覚えてないですが、やっぱり恋愛映画はさすがに男と女は別れるんですね(笑)この映画がそうなんです。男と女が結ばれるのが大事じゃなくて、その出会いから何をお互いに学び何を得るかが大事なんですね。まさにその通りですよね

 でもやっぱり歌とダンスが最高に良かったです。塾の4階に置いてます。英語の勉強にもなります。

Dsc_0927

・・・・・・・・・・・・・・・・

« 2018年大阪大学の数学解説(数3) | トップページ | 登録者数1030人です »